TOKYO STRUT

b0161189_945418.jpg

※撮影許可を得ています

NECONO SHOP 渋谷






b0161189_962096.jpg


なんだかんだ近くにあったらいいと思うやつ


b0161189_9161374.jpg



開園前 (推定2億人


b0161189_972129.jpg



ベスポジ


b0161189_975294.jpg



iPhone4の限界


b0161189_982890.jpg



プーさんの声まねができるようになりました



地方の人は東京に対して

住むのは無理だけれど、たまに行くにはいいところって

言う人が多いですが

たまに東京行ってあの人ごみ、いや、群衆、

いや混沌(カオス)、虫けらどもや巨大なビル群

の中に放り込まれますと

ちっぽけな自分という存在を見つめなおすことができて

それはそれで良い体験はできてると毎回思う

こんだけ人がいたらそんなに頑張る必要ないじゃん、みたいな

自分が居なくても世界はまわるじゃん、みたいな

まああんまり健全な思考じゃないことは自覚していますが


地方出身者である僕が

東京(新宿や渋谷、原宿のイメージだと思う)に住みたくないって

いうのは、あの混沌の中で

自分が自分であることを保つことが難しいってことを

感じとっているのかもしれない


たとえば

ファッション的な面では

自分が街に溶け込むために、

東京でショッピングやカフェに行くためには

胸の空いたTシャツにパイル地のカーディガンをゆるく羽織って

白いクロップドパンツに素足でエスパドリーユを履いて

室内犬を抱きかかえていないといけない

っていう37.5歳からのお洒落みたいな

ステレオタイプなスタイルになっちゃうことが怖いのかもしれない

それか

曇天のまだ寒さが残る5月に

カフェのテラス席でサングラスをかけて (犬をつないで

スーツにパステルカラーのストールの若い女性を隣に置いて

満席の店に気を遣わず空のカップをテーブルに置いたまま

たぶんどうでもいい話をして

そこにいる自分かっこいいみたいな感じを醸し出すオヤジに

なっちゃうことが怖いのかもしれない


まあやいやい書きましたが

まんじゅう怖い理論(?)でいくと

ほんとうは僕は彼らに憧れているのかもしれないですね


東京
[PR]
by zooey0719 | 2014-05-11 09:46 | 写真とか | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yudetena.exblog.jp/tb/22590780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]