風立ちぬ (ネタバレ少し)

b0161189_1672584.jpg

画像公式ページより

ポニョ以来5年ぶりの原作・脚本・監督:宮崎駿

本日公開、観てきました

一言でいうと、とても美しい日本の映画です






何が美しいって、まず日本語ですね

登場人物の言葉遣いがとてもきれい

(まあ上流階級ばかりということもあるのでしょうが)

雰囲気、たたずまいも。

このあたりはコクリコ坂にも通ずるものがあるけれど

なんか違う

大人の紳士、淑女の?という雰囲気


そして完全に大人のための映画

宮崎駿としては珍しくキスシーン多めだからというわけではないけれど

(紅の豚のフィオ、ポニョくらいしかない?)


仕事や生きることに対する向き合い方

愛する人に対する接し方

何気ない動作や言動がグッとくるものばかりで

中盤くらいから涙を浮かべながら観ていました


一番泣けるシーンは置いておきまして・・・


主人公たちは貧しい国家予算で戦闘機(爆撃機?)

を作り上げるためドイツまで視察に行ったり、奔走するわけだけれど

それは敵国を倒すためではなく

純粋に美しい「ひこうき」を作りたいからである

彼らは自分たちの国が破滅に向かっていることを知っている


何度もそういうセリフが出てくるし

それよりも多く、ひこうきの部品やフォルムについて

「美しい」と繰り返し言う


最近載せたmakitaのラジオもそうですが

たとえそれがどんな目的に使われようと

美しいもの、かっこいいものを作る作り手さんってかっこいい

バガボンドの本阿弥光悦も人殺しの道具と理解しつつ

人を殺す技術に長けた武蔵のために刀を研ぎます。

そんなことも考えながら。


エンドロールの荒井由美「ひこうき雲」も最高

いやあ、映画ってほんとうに素晴らしいですね


ついさっき観てきた熱の冷めないまま

読み返さないで投稿
[PR]
by zooey0719 | 2013-07-20 16:35 | 映画とかTVとか | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yudetena.exblog.jp/tb/20752379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hendrickson-pink at 2013-07-23 18:43
自blogでも触れていたのですが....そうですか是非映画館で観たいものです。思えば映画館で観るのは戦争モノとか軍事関係ばかりとなり実に危ないですがソチラ系オタクではありません(笑)ただ不謹慎かも知れませんがそう言った背景だと人は刹那的になり美しい物事を望むものなのかも知れませんね。早く観たい~
Commented by zooey0719 at 2013-07-23 20:26
hendrickson-pink さん

ブログの風立ちぬのとこ拝見しました^^
僕が映画館に行ったとき、案の定小さい子連れが多かったのですが
ほんと何考えてるんだろうと思いました^^;
おっしゃる通りそういう時期だからこその感動はあるでしょうね。
社会学だか何かの勉強してた時、
戦時中のような社会情勢が不安定な時のほうが
自殺率が圧倒的に少ないそうですし。
宮崎駿の思想はよく知りませんが、映画はよかったです!