ジェーン・スーさんとか相談とか

ただいま深夜2時

夜分遅くにすみません (電話じゃねえ

最近ラジオを聴くのにハマっていまして

といっても

決められた時間にスタンバってないといけないというのが苦手で

ラジオとかたまたま運転中に流れている

タイトルもDJも知らないやつしか聴かないのですが


日々インターネットが進化している時代

インターネットラジオというものがあり

ポッドキャストというものがありますので

聞き逃したラジオ番組を後からダウンロードして

通勤中に聴いています

で、そんなラジオビギナーの自分が

ハマっているのが「ジェーン・スー 相談は踊る」


というやつです





ジェーン・スーさんといえば

「私たちがプロポーズされないのには101の理由があってだな」

で有名なかたですが、

虫の知らせか(多分違う)なんかでこの4月から始まった番組を

たまたま知ったのですが、すごくおもしろい

もしジェーン・スーさんのことを知らない方のために三行で説明すると

・生粋の日本人女性
・作詞家でコラムニスト
・バカボンのパパと同じ41歳で誰のママでもない未婚のスペシャリスト

です

で、どういう内容かというと

週替わり代行アシスタントMCのTBSアナウンサーと一緒に

視聴者からの相談を一緒に考えたり

スーさん(三国廉太郎じゃないことは流れから察して)やTBSアナ自身の悩みについても

話し合っていくというもの


番組には

・若者の就職・転職相談

・昔の彼女からの数年ぶりのメールに返信するべきか

・マンションのゴミ捨てのルールを守らないやつがいる

など比較的ライトなものから

・長年付き合った彼氏との結婚を取るか海外に自分の力を試しに行くか

・自殺未遂をした旦那を勇気づける方法など

ヘビーなものまで多種多様


スーさんのすばらしいところは

先ほど相談を一緒に考えると書きましたが

立ち位置がフラットなんですね

おそらくかなりの質と量の経験に裏付けられる

しっかりした価値観をお持ちでありながら

相談者に自分の意見を押し付けることをしない

相談に乗りながら現状を分析して

相談者が何を求めているかを考える

そのうえで自分ならこうするとか、背中を押してほしい人にはそっと押してあげるとか

そういう感じ


おぉーって思ったのが

代行MCの小林悠アナウンサーだったと思うのですが

自分も就職で北海道に残るか東京に出るかを迷っていた時期があって

最終的に占い師に相談したと (ここはかなりスタジオ内爆笑

それで東京行きを勧められて決めたっていう話があって

この時彼女の中では東京に行きたい気持ちが強かったから

それで良かったんですけど

なんにも考えていない人が完全に占い師(でも他の誰かでも)に

委ねるのは危険だってスーさんが分析してて

そこのポイント大事だよなあと感心しました

(まあ、宗教になっちゃいますよね


確かにほかの人の相談聞いていても

相談する人って

大体自分の中で答えが決まっているのがパターンで

あとは誰かに背中を押してほしいっていうのが多い

人の相談とその回答を聞くのっておもしろい


まあひとえにスーさんのしゃべり方が好きっていうのもあるんですけどね

変な相談に対しては

代行MCが読んでいる最中にも

「なんだそれ?」「どうでもいい」とか言ってたりするのがツボ


あとこの番組でおもしろいのが

「お悩み時空パトロール」

明治時代の「お歯黒は歯に悪いでしょうか?」という質問から

「楽しいパーティーを開きたいんだけど、みんながあんまり乗り気じゃないの。

どうしたら楽しいパーティーにみんなを呼べるのかしら?」

っていうアメリカンガールの相談なんかを紹介して

その回答者の評価までするところ


ちなみに、上のパーティーの相談の回は特におもしろくて

スーさんたちは「この方は・・・あることに気づいていませんね・・・」

「そうね・・・そもそも友達が・・・」

みたいなことを言ってて電車の中でかなり笑ってたのですが

そんなポジティブな相談者に対してアメリカのMCは

「そんなしけた友達と付き合う必要はないわ!

サロンに行って自分を磨いて、バカンスに行くのよ!」

ってもっとポジティブな解決方法を示します

これにはスーさんも「パーフェクト!誰も傷つけない」と太鼓判


まあそういう感じのラジオ番組なのですが

ほんとはもっとジェーン・スーさんの魅力を伝えたいのですが

なかなか難しいですね

サブカルに通じてる元オリーブ少女はツボだと思います


ちなみに自分は5月3日放送分の

代行MC安東弘樹アナウンサーと同じで

生まれてこのかた人に相談したことないのですが

今まで何度も大事な選択を迫られる岐路に立たされたことはありますが

有名な小説家が書いてるとおり

結局のところ

「正しい結果をもたらす間違った選択もあるし

間違った結果をもたらす正しい選択もある」

と思っていて、

まあ何言ってるかよくわからないんですけど

これが絶対に正しいっていう選択ってないんですよね (と思っている

ジェーン・スーさんも大体同じ考えの方です (でも相談には真剣に対応しています


かなり有名な方で今更ってこともあるかもですが

もし興味のある方は是非


ブログもおもしろいです



※東村アキコのマンガのようにアラフォーサブカル系でないと

わからないネタも多いです


では夜分遅くにすみませんでした (電話じゃねえ
[PR]
by zooey0719 | 2014-05-27 02:57 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yudetena.exblog.jp/tb/22691387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]