古代エジプト神秘のミイラ展→サウダーヂな夜

b0161189_2202713.jpg


岡山市オリエント美術館に行きました


b0161189_21235414.jpg


メインは

三重の棺とともに完全な状態で見つかった

2,650年前(エジプト末期王朝時代)の神官アンクホルのミイラ(オランダ国立古代博物館収蔵)

窓に転写(?)されているのがそれ

※館内撮影禁止




展示物は

ミイラとその副葬品の展示が主で

「死者の書」など古代エジプト人の死生観に関わるものが多い

死者の書はエジプト神話の冥界の王であるオシリスやイシス

その子である天空と太陽の神ホルスなど聞いたことある名前が出てくる


古代エジプト人は

太陽は夜になると船に乗って12時間の間冥界を旅すると信じていたとか

昆虫のフンころがし(スカラベ)を

神の化身とみなし創造・復活・ 不死のシンボルとして神格化していたとか

おもしろかった

要するにう〇こを太陽とみなしていたと


グッときたのはロゼッタ・ストーンの複製(実物は縦114.4cm、横72.3cm、厚さ27.9cm、重量760kg)

1799年にナポレオンのエジプト遠征の際発見されたやつ

ヒエログリフ(神聖文字)を解読したシャンポリオンのノートが初公開されていたり

ミイラのX線写真やCTスキャンの映像も観ることができた


ロゼッタ・ストーンにはロマンを感じる

その内容は

「プトレマイオス5世を称え、プトレマイオス5世などに対する皇帝礼拝の実施方法を記したものである」

(wikiより)

ってことでどうでもいいんだけど

3種類の言語を操って鉱石のテキストを残すなんて

ワンピースのポーネグリフを思い浮かべるね


美術館を出てからすぐ近くの

一度行きたかったカフェ(Bar?)

「サウダーヂな夜」に行った

b0161189_2212577.jpg



b0161189_2214881.jpg



どストライクの店内


b0161189_2223354.jpg


お昼の開店直後で貸切

b0161189_2233574.jpg



同じビルの1階ではソウルセットの渡辺さんがきていたみたいでちょっと行きたかった

b0161189_2244634.jpg

[PR]
by zooey0719 | 2011-08-27 22:16 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yudetena.exblog.jp/tb/16185335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tictictak75 at 2011-09-02 00:02
おひさしぶりです。覚えてますか?(笑)

自分も最近インテリアっちゅうのに目覚め、鹿児島マルヤガーデンズにある『D&DEPARTMENT STORE by MARUYA』でカリモク60にときめいています。今の内にこういうお店でイメージングをやっちょかにゃいかんですね。
当方のブログもよろしくです。
Commented by zooey0719 at 2011-09-03 10:04
tictictak75 さん

twitterもしてますし覚えてますよ^^

鹿児島D&DEPARTMENT STOREあるんですね!(羨

僕カリモク60大好きで
チェアー2脚とテーブル2つに手を出しました^^
すわり心地とか考えたらそのへんの家具屋のソファのほうが
良いんですけどね(笑
Commented by white_swan at 2011-09-04 15:57
こんにちわ、はじめまして〜☆
先日こちらのblogを拝見しまして勝手ににリンクはらせて頂いてました。
どうぞよろしくです。

やっぱり岡山在住の方なんですね〜、僕も岡山なんです。
ちなみにオリエント美術館先日僕も行きましたww
Commented by zooey0719 at 2011-09-04 22:14
white_swan さん

申し遅れました、はじめまして!
僕も勝手に貼らせて頂きました^^よろしくお願いいたします。

シュペリオールを語る感じから怪しいと思っていましたが(笑)
岡山なんですね!
しかもオリエント美術館も!
入場料以外は良かったですよね(笑