子供電話相談室 in Trouble

知らない間に梅雨入りしていた

b0161189_2275133.jpg


この季節になると
数年前のラジオ番組
「子供電話相談室」
の夏のある日の放送を思い出す

相談者は5さいの男の子
質問は
「カミナリさまは、お天気の日にはどこにいるんですか?」

仕事中 銀行からの帰りの車で
思いがけず微笑ましい気持ちにさせられる
いったいどんな回答で
この無垢な少年の好奇心に
応えてあげるのか?

気になる「先生」の回答は
それはもうおぞましいものでした
<先生>
「〇〇君、雷っていうのはね、
上昇気流が発生したところで
積乱雲っていうのができるんだけどね、
そこで起きる放電現象が・・・
~中略~
・・・ってなって起こるものなんだよ、
わかったかな?」
<〇〇君>
「・・・うん。」

ナンダコレ・・・
カミナリさま存在前提で
質問してる子供に
科学的メカニズム説明してどうすんだ
おっさんの自分でも
だいぶ早い段階で見失ってたよ
コンニャロウ


進行役のおじさんがたまらずフォロー
「わかったかな?(苦笑)
世界は広くてお天気のところと
そうじゃないところがあるから
きっと〇〇君のおうちの辺がお天気の時は
カミナリさまは遠いところで
ゴロゴロ鳴ってるんじゃないかなぁ」

おそらくすべてのリスナーが
ホッと胸をなでおろした瞬間でした




[PR]
by zooey0719 | 2009-06-11 22:20 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yudetena.exblog.jp/tb/11235950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]